株式会社アクシス

株式会社アクシス

平素より株式会社アクシスのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
以下の日程におきましてメンテナンスを実施いたします。

 

ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

メンテナンス日程

2024年7月24日 20:00 ~ 2024年7月25日 6:00

本ホームページをご利用のお客様は、該当の時間帯をさけてのご利用をお願いいたします。

この度、アクシスは7月8日(月)に「デジタルを活用した生活支援サービス(スーパーアプリ)の構築に向けた連携協定」を締結しました。
今回の連携協定によって、市役所の行政サービスと、民間のサービスと統合し、市民生活を支援する公民連携のプラットフォーム構築の実証実験を行うと共に、デジタルを活用した生活支援サービスの構築の検討を進めることを目的として行われ、弊社を含め地元企業4社が参画します。

 

鳥取市,連携協定,調印式

 

弊社では、昨年八頭町、米子市で実施した買い物支援の実証実験の経験を活かし、超地域密着型生活プラットフォームサービス「Bird」で展開する、「トリスト」「トリメシ」のサービスを提供します。

 

鳥取市デジタル戦略課はこちら

■サービスについて
超地域密着型生活プラットフォームサービス「Bird」

この度、当社は昨年11月より実施しておりました鳥取県八頭郡八頭町、旧船岡地区におけるネットモールサービス「トリスト」の実証実験を終了し、4月よりサービスを本格稼働いたしました。これを受けて、この度令和6年6月19日に超地域密着型生活プラットフォーム「Bird」の配送拠点Bird -Yazu-を開設いたしました。

 

新拠点,八頭,隼Lab,隼ラボ

 

名称:Bird -Yazu-
住所:鳥取県八頭郡八頭町見槻中154-2 隼Lab.1F

 

本拠点は、超地域密着型生活プラットフォーム「Bird」が目指す「地域コミュニティの再生」に向けた第一歩となります。これを機に八頭町内でのサービスの拡充、雇用の創出にも貢献してまいる所存です。

 

今度とも変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

この度、アクシスの地域貢献活動「Axisのやさい」が鳥取大学医学部付属病院で開催の『とりだいフェス2024』に出店することになりました。

 

鳥取大学医学部付属病院では2023年10月年より、病院勤務の医療従事者の皆さんや職員の皆さんを対象にした福利厚生の一環として「超地域密着型生活プラットフォームBird」の「トリメシ」「トリスト」を活用いただいています。

 

そのご縁がきっかけとなり、アクシス初の実店舗型サービス「Axisのやさいマルシェ」を出店します。皆様のお越しをお待ちしております。

 

概要
イベント名:とりだいフェス2024
開催日時:2024年6月16日(日)10:00~16:30(9:30開場)
会  場:鳥取大学医学部附属病院
詳細はこちら

 

■Axisのやさいとは
「Axisのやさい」は、2020年10月より「農作物で人と人をつなぐ」をコンセプトに、地域の規格外野菜や余剰野菜を生産者さんより直接仕入れ、地域で販売、さらにその一部を市内の子ども食堂に寄付する活動を続けています。IT企業が野菜を販売するという珍しい取組は地域の生産者さん、学生さんをはじめとしたボランティアの皆さんの支えをいただきながら、人と人のつながりの種をまき、その芽を大切に育てています。
この「Axisのやさい」から派生した「Axisのやさい定期便」が2月に、米子市でも米子青果、あっぷるはうすの協力を得てサービスをスタートし、実店舗型サービス「Axisのやさいマルシェ」も不定期に開催しています。
規格外・余剰野菜を購入いただくこと、美味しく食べていただくことで、地域のフードロスの課題解決や生産者さん、子ども食堂の支援につながる活動です。是非、お立ち寄りください。
詳しくはこちら:https://www.t-axis.co.jp/axis-vege/

この度、アクシスは4月2日に、県内企業・個人へ規格外・余剰野菜をお届けするサービス「Axisのやさい定期便」の収益の一部を鳥取市内の鳥取地域食堂ネットワーク様を通じて子ども食堂へ24,848円を寄付し、4月8日には、米子市の子ども食堂「レインボー・ツリー」へ4,320円を寄付しました。

 

axis,野菜,地域貢献

 

「Axisのやさい定期便」は、県内のフードロス課題の解決、子ども食堂の継続化の支援を目的に、2020年10月に開始したCSR活動「Axisのやさい」のサービスの1つです。昨年7月より米子市での実証実験を経て、今年2月より米子市でサービスを開始しています。

 

活動報告,レポート

 

◆「Axisのやさい定期便」に関するお問い合わせはこちら

 

Axisのやさい開催スケジュール
「Axisのやさい」は4/20(土)開催の風紋マーケット(会場:JR鳥取駅前風紋広場)より5年目の活動をスタートします。毎月2回程度の頻度で鳥取市内のイベントに出店を予定しています。
お近くにお出かけの際は、是非お立ち寄りください。

 

Axisのやさいはこちら
出店情報はインスタグラムで公開しています

社会人として「ちゃんとやる」姿勢を忘れずに
皆さん、本日は入社おめでとうございます。
今日、私自身が皆さんに社会人として一番大事にして欲しいことをお伝えしたいと思います。それは「ちゃんとやる」ということです。
学校での「予習復習」を普段からしていた人、試験の前はしたという人もいると思います。事前の予習をして授業に臨み、その日に復習する、その目的は覚えることだと思います。仕事も同じです。皆さんは仕事をしたことはありません。その意味では「今は何もできない状態」にあり、それはこれまでにIT系を学んだか否かに関係のないことです。それをわかっている皆さんだからこそ、新しい気持ちで、明確な目的をもって研修に臨めると思います。

 

年齢、経験を重ねる中でそれが難しくなることもあります。自分では「やらなきゃいけない」、「やれば成果が出る」とわかっていても、日々の忙しさなどを理由に「やらなくなる」ことがあります。
自分でやればできる、成果につながるとわかっていることを「ちゃんとやる」ことが重要なのです。それに取組み続けられる人は、この先アクシスで働き続けるか否かに関わらず、世の中に必要とされる人材になると私は考えています。この先年齢を重ね、経験を積んでも「どうなりたい」「どうしたい」という純粋な気持ちを忘れないでいてください。そのことを胸に、これから先の社会人人生を歩んでいって欲しいです。

 

入社式,社長挨拶

 

社長も新入社員も成長し続けることが大切
私自身は24歳で、知識も経験もないまま、社長業をはじめました。
この間に学んだ事、知る事は本当に多くありました。そして、20年以上が経過した今でも、毎年違う課題があり、世の中の変化や法律やルールの変化もある中で、日々学び、考え、対応をしています。「社長」とはいえ、皆さんと同じように常に変化する社会環境の中で、学び、変化し、成長を続けていくことが必要であり、私自身、常にそうでありたいと考えています。
それぞれが心の中にある「もっと社会の役に立ちたい」、「付加価値のある人材になりたい」といった想いを純粋に追いかけていく人材になっていってください。

 

アクシスが鳥取で成長を続けることで、一人ひとりの働く意義につながる
アクシスが鳥取に本社を置き、事業を展開することで私自身は首都圏と地方をフラットな関係にしたいと考えています。無意識にある「首都圏が強くて、地方が弱い」といった関係性を変えたいのです。以前は不可能と思われたことかもしれませんが、ここ数年の社会状況の中で、リモートワークの広がりや、働き方を選べる社会になり、首都圏と地方とのフラット化が実現可能な時代になったと思っています。
ビジネスにおいて、地方=不利ではない状況になって、地方に住む人は何もしなくていいかと問われると、そうではありません。首都圏・地方に関係なく、私たちも成長し続けることで首都圏と競争ができるわけです。自ら動くこと、自分から仕事を取りに行くことが大事だと考えています。

 

その成長を続けることで、アクシスに限らず、結果的に鳥取県内の企業が少しでも繁栄していく、成長していくことができると信じています。地方だから「成長できない」、「現状維持」、停滞・衰退しているから「何もしない」ではなく、徐々に、成長していくこと、それが県内全企業に広がることで、鳥取県の経済が元気になります。人口減少や過疎化といった状況、それに伴う経済の衰退を止めることは難しいです。ただ、そのスピードを緩めることはできるはずです。
アクシスが鳥取県八頭町に誕生して30年。首都圏とのビジネスを広げ、成長し続けてきたことは、鳥取県でも「やればできる」の証明になったと考えています。だからこそ、今日、アクシスの仲間となった皆さんにもせっかく働くのだから「世の為、人の為」、「会社がある地域の為」という意識で仕事に取り組んでいくことで、一人ひとりの働く意義を見出すことができるのではないでしょうか。

 

とはいえ、これから始まる研修中はそれを考える余裕がなくなることも多いと思います。ただ、事あるごとに自身の働く意義を意識して研修を含め様々な業務・活動に取組んでいってください。

弊社では、4月1日(月)に令和6年度入社式をNext.にて開催しました。今年、新たに新卒採用者5名の仲間を迎えることになりました。

 

入社式では、鳥取本社含む、全国6拠点およびリモートワーク社員がオンラインで入社式に参加し、各拠点からお祝いのメッセージを送り、全社で新人社員を迎えました。

 

入社式, 2024年度

 

入社後の研修では、IT技術の担い手として現場で活躍するための技術に限らず、プロセスマネジメントやビジネススキルを習得する他、アクシス独自のメンター制度を通して、MVVの理解や既存社員とのコミュニケーションの機会を提供します。
そして、1年後にはIT技術の担い手として各部門で活躍できるよう育成に励んでまいります。

この度、アクシスの運営する「超地域密着型生活プラットフォームBird」のサービスの中から、「トリメシ」の『ラーメンスタジアム』と「Axisのやさい」が米子しんまち天満屋で開催の「春の山陰ええもんうまいもの市」に出店することになりました。

 

「春の山陰ええもんうまいもの市」は鳥取・島根両県の地元の「うまいもん」が集まる人気の催事で、春と秋に開催されています。今回、ご縁をいただき鳥取・米子の名店の味が自宅や職場で楽しめる「ラーメンスタジアム」と、2020年に鳥取市でスタートしたアクシス初の実店舗型サービス「Axisのやさい」を出店します。皆様のお越しをお待ちしております。

 

ラーメンスタジアム、名店

 

■概要
イベント名:春の山陰ええもんうまいもの市
開催期間:3月1日(金)→3日(日) 午前10時〜午後7時
会  場:4階催場 ※最終日は午後6時閉場
※「Axisのやさいは」3月3日のみの出店、売り切れ次第終了となります。

 

■ラーメンスタジアムとは
「ラーメンスタジアム」では、名店として高い人気を誇る8店より10種類の冷凍ラーメンを販売しています。どのお店もご自宅で手軽に味を楽しんでいただけるように、工夫を凝らして開発に取り組んでいらっしゃいます。是非、この機会にお試しください。
詳しくはこちら:https://torimeshi.ttr-bird.com/notice/1/124

 

■Axisのやさいとは
「Axisのやさい」は、2020年10月より「農作物で人と人をつなぐ」をコンセプトに、地域の規格外野菜や余剰野菜を生産者さんより直接仕入れ、地域で販売、さらにその一部を市内の子ども食堂に寄付する活動を続けています。IT企業が野菜を販売するという珍しい取組は地域の生産者さん、学生さんをはじめとしたボランティアの皆さんの支えをいただきながら、人と人のつながりの種をまき、その芽を大切に育てています。
この「Axisのやさい」から派生した「Axisのやさい定期便」が2月に、米子市でも米子青果、あっぷるはうすの協力を受けてサービスをスタートしました。
お野菜を買っていただくことが、子ども食堂や生産者さんの支援につながる活動です。是非、お立ち寄りください。
詳しくはこちら:https://www.t-axis.co.jp/axis-vege/ 

この度、アクシスが運営する小学生向けプログラミングスクール「TIA Kids School」に通う葛井惇之祐さんが、小学生のためのプログラミングコンテスト「TECH KIDS GRAND PRIX 2023」において、7,391名の応募の中から、鳥取県勢で初めてファイナリストに選ばれました!

 

今週末、2月25日(日)に、東京の渋谷ヒカリエにて最終発表を控えている葛井さん。
アクシスでは葛井さんのチャレンジを応援しています。
当日はLive配信も予定されていますので、是非、皆さん応援いただけると嬉しいです。

 

■予選の様子はこちらでご覧いただけます。

 

■本戦決勝について
本戦決勝:2月25日(日) 14:00~ Live配信予定
(当日は、以下いずれかにて見られる予定です)
大会決勝HP :https://techkidsschool.jp/grandprix/final/
YouTube Live:https://www.youtube.com/@techkidsschool/streams

 

■TECH KIDS GRAND PRIX(テックキッズグランプリ)について
Tech Kids Schoolが主催する、21世紀というこれからの時代を担っていくすべての小学生に向けたプログラミングコンテストです。
詳しくはこちら:https://techkidsschool.jp/grandprix/regions/

 

■TIA Kids Schoolについて
TIA Kids Schoolはアクシスが運営する子ども向けプログラミングスクールです。
IT技術が急速に発展していく未来に向けて、ITエンジニア育成で培ったオリジナルのカリキュラムでプログラミングの技術と論理的思考を楽しく学び、地域における次世代で活躍するIT人材の育成を目指しています。
詳しくはこちら:https://www.tiakids.jp/

この度、アクシスは株式会社米子青果ならびに有限会社あっぷるはうすの協力を得て、「Axisのやさい定期便」のサービスを米子市でスタートします。

 

規格外野菜,余剰野菜,定期便

 

2020年10月に鳥取市でスタートした「Axisのやさい」は「農産物で人と人をつなぐ」をコンセプトにしたアクシス初の実店舗型サービスです。3年間で「Axisのやさい」を56回開催し、約364,000円分の野菜や果物などの食材を子ども食堂に寄付するほか、2021年にサービスを開始した「Axisのやさい定期便」では、売上の中から約69,000円を子ども食堂の運営に寄付しています。

 

このように、「Axisのやさい」は活動を通して地域のフードロスの削減や子ども食堂の継続的な支援を目的として、地元企業や地域の皆さんと共に活動を続けています。
今回、「Axisのやさい」を鳥取県全域に広げる1歩として、米子市では米子青果とあっぷるはうすの協力を得て、「Axisのやさい定期便」のサービスをスタートすることになりました。ぜひ、この機会にご利用ください。

 

申込み開始日:2024年2月20日(火)
Axisのやさい定期便初回配送日:2024年3月21日(木)
※初回配送日をご希望の場合は3月15日(金)までにお申込をお願いします。
申込先はこちら https://toristo.ttr-bird.com/notice/2/138

 

株式会社米子青果
農家さんから届いた食材をロスすることなくお届けし、青果卸として生産者の想いをつなぐ橋渡しの役割を担っていきたいです。

 

有限会社あっぷるはうす
私たちの得意を活かしたPR、そして「Axisのやさい」のようなマルシェを米子市で展開することで地域貢献のできる地域コミュニティを実現していきたいです。